スズメバチの脅威から身を守る為の対策

img-1

蜂は、世界中で十万種以上が生息しており、日本では都市部に出没するスズメバチが大きな社会問題とされています。スズメバチは、国内に生息する蜂の中で最も強力な毒を有しており、毎年アナフィラキシーショックで死亡するケースがあります。雀蜂の毒は、非常に強力で刺さられると激痛が走り、患部が赤く大きく腫れ上がります。

雀蜂に刺された時の対策としては、毒自体は水溶性なので吸い出したり水で洗い流せば、セロトニンやアセチルコリンなどの神経毒が少なくなり症状が緩和されます。


雀蜂が怖いのは、毒を有する事や攻撃性が高い事だけで無く、1度刺されてしまうと体内に抗体が形成されてしまい、再び刺されてしまうと抗体とペプチドやホスホリパーゼ、プロテアーゼなどに対し急性の重度過敏症I型アレルギー症状が数分で引き起こされ、脳炎や血管性浮腫、低血圧などのアナフィラキシーショック症状が発症します。
スズメバチに刺されてた時は、急いで医療機関の治療を受けるべきです。


雀蜂の活動が、最も活発化するのは9月から11月の秋季とされていますが、空梅雨や猛暑の年には異常発生する特徴があるので、異常気象の時にはしっかりとした対策が必要とされています。

スズメバチは、黒色などの濃い色に攻撃性を示すので、白色系の長袖長ズボンに白い帽子が理想ですが、大きな白い布やタオルで身を包んで移動するのも良い方法です。
雀蜂は、整髪料や香水の香りにも強く反応するので、忘れがちな持ち物と共にしっかりと対策を施しておく必要があります。

雀蜂の脅威から身を守る為には、身近な所に雀蜂の巣を作らせない様にする対策が必要です。

雀蜂は、春先から巣を作る場所を探して飛び回るので、その蜂を簡単な罠で捕獲します。


罠は、ペットボトルに蜂が通り抜けられる程度の穴を開けて、ペットボトルの中に誘引剤を入れて家の周りに置いておけば完了です。

















関連リンク

img-2
スズメバチの脅威から身を守る為の対策

蜂は、世界中で十万種以上が生息しており、日本では都市部に出没するスズメバチが大きな社会問題とされています。スズメバチは、国内に生息する蜂の中で最も強力な毒を有しており、毎年アナフィラキシーショックで死亡するケースがあります。...

more
img-2
スズメバチの種類と特徴

スズメバチは、日本国内に多くの種類が生息しています。国内で最も恐れられている世界最強の大雀蜂は、国内に生息するスズメバチの種類の中で最も大きなスズメバチであり、人間だけで無く同族の黄色雀蜂や茶色雀蜂などの巣を襲撃する特性があります。...

more
top