スズメバチの種類と毒の成分

img-1

蜂には、10万種類以上が存在するとされており、中でもスズメバチが最も知られ、大雀蜂、毛深雀蜂、黄色雀蜂、紋雀蜂、姫雀蜂、茶色雀蜂、黒雀蜂、シダクロ雀蜂、小型雀蜂などの種類が存在します。スズメバチの毒成分の種類は、炎症作用を引き起こすヒスタミンと神経毒であるセロトニンやアセチルコリン、アナフィラキシーショックの原因となる最も厄介なペプチド、ホスホリパーゼ、プロテアーゼなどで構成されており、症状としては腫れと非常に強い痛みが引き起こされ、1週間程度腫れが続くケースもあります。

加えて、腹痛や下痢、頭痛などの症状を伴うケースもあるので、医療機関での治療を受けるべきです。

又、スズメバチに1度刺されると体内では、毒対する抗体が生成される為に、再度スズメバチに刺されるとアナフィラキシーショックと呼ばれる抗体によるアレルギー症状が引き起こされます。
アナフィラキシーショック症状としては、呼吸困難や血圧低下などを引き起こし、ショック死してしまうケースもあります。


大雀蜂は、頭部はオレンジ色で胸部は黒色、腹部は黄色と黒色の縞模様で、体長が27mm〜55mmと非常に攻撃性の高い大きな毒蜂であり、日本に生息するハチ類の中で最も強力な毒を有しています。

黄色雀蜂の基亜種である毛深雀蜂は、18mm〜28mmと日本に生息する雀蜂の中で最も小型であり、頭部は黄色で胸部は黒色、腹部は濃褐色と黄色の縞模様で全体的に黄褐色の毛で覆われているのが特徴です。黒雀蜂は、腹部に白い縞模様がありシダ黒雀蜂と良く似ており、シダ黒雀蜂とともに幼虫が珍味として食べられています。

黒雀蜂は、平野部から低山帯の自然多い地区に生息し、大雀蜂に比べて非常に攻撃性が少ないのが特徴です。
茶色雀蜂は、他の雀蜂と大きく異なり黒っぽく体長17mm〜30mm程度の攻撃性の高い蜂であり、紋雀蜂や黄色雀蜂の巣を乗っ取る特徴があります。











https://m3q.jp/t/1329

http://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%E6%95%B7%E5%B8%83%E5%9B%A3

https://allabout.co.jp/gm/gl/26901/

関連リンク

img-2
ポンプ交換は専門業者に任せましょう

生活をしていてポンプを目にすることはほとんどありません。しかし実はポンプは我々の生活には欠かせないものなのです。...

more
img-2
スズメバチの脅威から身を守る為の対策

蜂は、世界中で十万種以上が生息しており、日本では都市部に出没するスズメバチが大きな社会問題とされています。スズメバチは、国内に生息する蜂の中で最も強力な毒を有しており、毎年アナフィラキシーショックで死亡するケースがあります。...

more
top