スズメバチの種類と特徴

img-1

スズメバチは、日本国内に多くの種類が生息しています。

国内で最も恐れられている世界最強の大雀蜂は、国内に生息するスズメバチの種類の中で最も大きなスズメバチであり、人間だけで無く同族の黄色雀蜂や茶色雀蜂などの巣を襲撃する特性があります。大雀蜂は、雀蜂の中でも最も攻撃性の高い蜂でもあり、雀蜂が3匹以上になると集団でミツバチの巣を襲撃し、数千匹のミツバチを咬み殺す事が確認されています。黄色雀蜂や毛深雀蜂は、閉鎖空間に巣を形成するが、巣が大きくなると解放空間に巣を形成する特性があり、都市部や市街地に巣を形成する為に人に対する刺傷例が最も多い蜂の種類です。


又、黄色雀蜂や毛深雀蜂が形成する巣は、直径30cm〜1m超と日本に生息する雀蜂の中では最大規模です。
姫雀蜂は、体長24mm〜37mmと大雀蜂に次いで大型の種類であり、平地から低山地に生息していますが、人家では屋根裏や物置の中など閉鎖的空間に雀蜂の中で最も小さな巣を形成します。

姫雀蜂は、攻撃性は雀蜂の中で最も弱く弱毒性です。

小型雀蜂は、体長が22mm〜29mmと比較的大きな種類の蜂であり、基本的に山間部に生息していますが、樹枝や軒先などの開放空間に多く営巣するので、黄色雀蜂の様に都市部や市街地で良く目にする雀蜂です。紋雀蜂は、体長21mm〜30mmと雀蜂の中では中型であり、非常に運動能力が高く、夜間でも活動可能な特性を有する危険な雀蜂です。

人間に対しても、好戦的で非常に攻撃性が高く、黄色雀蜂の様に巣を引っ越す習性があります。











https://m3q.jp/t/1329

https://4meee.com/articles/view/600285

http://www.yomiuri.co.jp/osaka/feature/CO022892/20161017-OYTAT50000.html

関連リンク

img-2
スズメバチの種類と毒の成分

蜂には、10万種類以上が存在するとされており、中でもスズメバチが最も知られ、大雀蜂、毛深雀蜂、黄色雀蜂、紋雀蜂、姫雀蜂、茶色雀蜂、黒雀蜂、シダクロ雀蜂、小型雀蜂などの種類が存在します。スズメバチの毒成分の種類は、炎症作用を引き起こすヒスタミンと神経毒であるセロトニンやアセチルコリン、アナフィラキシーショックの原因となる最も厄介なペプチド、ホスホリパーゼ、プロテアーゼなどで構成されており、症状としては腫れと非常に強い痛みが引き起こされ、1週間程度腫れが続くケースもあります。...

more
img-2
スズメバチの種類と特徴

スズメバチは、日本国内に多くの種類が生息しています。国内で最も恐れられている世界最強の大雀蜂は、国内に生息するスズメバチの種類の中で最も大きなスズメバチであり、人間だけで無く同族の黄色雀蜂や茶色雀蜂などの巣を襲撃する特性があります。...

more
top